シェアハウスのトラブルについて知る

お風呂シェアハウスでは赤の他人との共同生活が前提になります。そのため、様々なトラブルが起きることも想定した上で選ばなければいけません。安易に選んでしまったことで問題に巻き込まれてしまったり、問題が起きた際にも運営事業者が上手く間に入ってくれないといったことも起こります。

特に男女混合のシェアハウスは注意が必要です。同じ屋根の下で暮らしていく上で、もし異性に好意を抱かれたり、好きになってしまった場合に逃げ場が少ないというところを覚悟しておかなければいけません。男女間のトラブルの場合、運営事業者も立ち入ってこない可能性があります。こうした時に退去を余儀なくされるケースもあります。また、お風呂やトイレも共同のため、のぞき被害に遭う可能性もあり、安全面などを考えると女性専用シェアハウスや女性専用フロアなどを完備しているシェアハウスの利用をお勧めします

実際に住んでから様々なトラブルについて知るよりも、物件を検討している段階で運営事業者に過去にあったトラブルについて質問をしておきましょう。盗難や犯罪だけでなく、壁が薄いことによる音漏れのトラブルなども事前に知っておくと対策が立てやすくなりますし、何かあった時に運営事業者がどういった対応をするのかも知ることができます。トラブルが無いに越したことはありませんが、過去にあったことを知っておくだけで心の準備もできるかと思います。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

シェアハウスのセキュリティについて

女性がシェアハウスで生活する上で、心配になる点の1つがセキュリティでしょう。防犯という観点から見れば、一人暮らしをするよりは多くの人間の目があるシェアハウスの方が留守になる機会が少なく、安心して生活できる環境であると言えます

防犯カメラ中に人がいる機会が多いという面だけでなく、最近では建物のセキュリティについても強化されているシェアハウスが増えてきています。玄関や個室のオートロック化の他に、建物周辺への防犯カメラの設置、警備会社とのセキュリティ契約など、例を挙げると随分とセキュリティ意識が高い感じが見受けられます。特に、警備会社とのセキュリティ契約は一般家庭でも加入しているところはそう多くないでしょうから、こうした設備が整っているシェアハウスならある程度安心して暮らせるでしょう。

一人暮らしが不安だと感じている人も、人というソフト面や設備というハード面から考えてもシェアハウスで暮らすほうが家賃も抑えることができ、更に安心感もあります。古いシェアハウスでは一部ハード面の防犯力が劣る物件もあるようですが、気になる物件があれば積極的にセキュリティ面や、万が一何かが起きた際の対応などについて運営事業者に質問をしましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

自分に合う物件を

一口にシェアハウスと言っても、現在では探してみると様々なタイプのシェアハウスが存在しています。シェアハウスの中には自分の空間があるとは言え、リビングやお風呂・トイレ・キッチンなどの多くの箇所が共同利用になります。そのため、生活していく中で完全な一人暮らしのように自分の自由が利かない部分も出てきます。仲間との共同生活内でのルールを守った上で暮らしていかなければいけません

四人組また、シェアハウスによって週末にはバーベキューを行うなど仲間との交流が多くワイワイとしているところもあれば、あまり交流がなく個人がある程度独立しているというところもあります。賑やかな場所が好きな人には交流が多いシェアハウスが向いているでしょうが、できるだけ人との交流は少なくしたいといった人が賑やかなシェアハウスに入居すると、その空気は苦痛になりかねません。

どういったシェアハウスなのか、中に住んでいる人はどのような人たちなのかなどを運営事業者に確認し、実際の雰囲気を見るために内覧に出かけましょう。この時、できるだけ入居者が在宅している時間帯を狙うことをお勧めします。普段のリビングでの様子や、整理整頓ができているか、共有部はきちんと掃除されているのかなどもチェックできます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

シェアハウスの人気

近年20代から30代の女性を中心にシェアハウスで暮らす生活を好む人が増えています。シェアハウスではワンルームの賃貸物件を借りるよりも安価で入居することができ、しかも広々としたリビングやキッチンを利用することができるというメリットがあります。家具や家電も多くの場合は既に取り付けられているため、初めての人でも生活用品を揃えるための出費を抑えることができます。

部屋更に、一緒に暮らす仲間たちとゆるやかな交流ができるところも大きな魅力として取り上げられ、テレビドラマやバラエティー番組でもシェアハウス生活が取り上げられているものが共感を呼び、ブームを巻き起こしました。こうしたブームによってシェアハウスでのオシャレな生活に憧れを持ったという人も多いでしょう。

しかし、女性がシェアハウスで生活する上では、何かと心配に思う部分も多くあります。一部分とはいえ、赤の他人との共同生活の部分が含まれている点が完全な一人暮らしとは異なるところです。当サイトでは、シェアハウスにあるルールや運営事業者の管理の仕方、シェアハウスで暮らす人々やセキュリティ面など、女性がシェアハウスで暮らす上で抑えておきたいポイントについて紹介します。

自分に合うシェアハウスで暮らすことで、これまでよりも違った生活を送ることができるかもしれません。安心したシェアハウス生活を送るには、まずはどういったシェアハウスが自分に向いているのか、じっくりと時間をかけて探してみることをお勧めします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket