シェアハウスのセキュリティについて

女性がシェアハウスで生活する上で、心配になる点の1つがセキュリティでしょう。防犯という観点から見れば、一人暮らしをするよりは多くの人間の目があるシェアハウスの方が留守になる機会が少なく、安心して生活できる環境であると言えます

防犯カメラ中に人がいる機会が多いという面だけでなく、最近では建物のセキュリティについても強化されているシェアハウスが増えてきています。玄関や個室のオートロック化の他に、建物周辺への防犯カメラの設置、警備会社とのセキュリティ契約など、例を挙げると随分とセキュリティ意識が高い感じが見受けられます。特に、警備会社とのセキュリティ契約は一般家庭でも加入しているところはそう多くないでしょうから、こうした設備が整っているシェアハウスならある程度安心して暮らせるでしょう。

一人暮らしが不安だと感じている人も、人というソフト面や設備というハード面から考えてもシェアハウスで暮らすほうが家賃も抑えることができ、更に安心感もあります。古いシェアハウスでは一部ハード面の防犯力が劣る物件もあるようですが、気になる物件があれば積極的にセキュリティ面や、万が一何かが起きた際の対応などについて運営事業者に質問をしましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket